--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014年03月30日(日)

【医師にたいして向かって独り言】


①分岐鎖アミノ酸②バリン③ロイシン④イソロイシンには注意を払う事。

トリプトファンが【ヒドロキシトリプトファン】に変換されない場合、
効果がみうけられない。

よって、活動の特性を活かす手段を選ぶ。

スポーツ選手が行う行動の一つに、

ガムを「噛む」と言う行動がある。集中力を高める上に、

周りからくる神経的ダメージを避ける。
日光の当たる空間で試合を行う時程、

実力をもつ方の能力が発揮される。

セロトニンを幻滅させる行為は、
日差しの当たらない空間に閉じこもる事:
食事のスピードが早い事

ここから判明する一部に、ナイフとフォークを幼い頃から使う

テーブルマナーを「仕込まれた」人間は、セロトニン幻滅方法の取り入れ方を
一度失いかけても、すぐに戻す事も可能になってくる。

起床時間を一定に保ち、寝る時間は、夜10~朝6時半。

「アドレナリン」と「ドーパミン」については、

アドレナリンの分泌を抑える。

身体の伝達方法では、セロトニンを求めるために腸が働く。
「胃腸薬」が重要なのはここにも理由がある。

「医者」によっては、日頃関わる患者の精神状態を
「普段関わる家族と話す感覚との区別を忘れてしまう。」


不安定を正常:正常を不安定と2つが混ざる。
ここで「医者」に「重要とされる考え」は、割り切りではなく、

【この世の中は異常である】という事。

医者は、日頃の①「過程」の一部で、②「家庭」の中に③「患者の話」を持ち込む事が
ありうるかもしれない。

いつも家族に患者の悩みを相談しているのであれば、
不安定が通常=と認識していく。
そうしていくうちに、医者自身が「不安定」となっていく。
【自分は正常であり、なんの病気も持たない、せいぜい風邪くらいである、自分のやるべき事は、※薬剤をすすめる事と患者の考えを受け止める事。】

医者は※「薬剤を進める事が仕事」※ではなく、患者の状態を心地よい心理にもっていく事である。
関連記事
19:00  |  独り言  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://uuu7.blog122.fc2.com/tb.php/199-d7be5188
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。